どうもです、麻雀クラブWネクスト窓際族のRです(爆)

金正男さんが毒針で暗殺されましたね。

てか毒針って…ドラクエかよ!って思ったのは私だけでしょうか?w
絶対に仲間がいるはずw

ちなみに先週の公開予想G2京都記念はミスターBが大勝負したものの、またもやハズレ…汗

(ミスターBの購入馬券)
image

でも明日のフェブラリーステークスこそは当たりますので心配はいりませんw。
ミスターB(馬券)が栄進Bッケン(馬券)を本命にしてるんでww

R(romy)

☆今週末の競馬コーナー☆

(ミスターBの予想)
G1フェブラリーステークス
◎13エイシンバッケン
三連複軸1頭ながし
軸13
相手1&2&3&10&11&12
計15点

(Rのフェブラリーステークス考察)
①フェブラリーステークス当日の想定馬場
→良馬場

②現時点における想定ペース
→平均ペース

1.アスカノロマン
斤量:57キロ

前走の東海ステークスは内枠を生かすことが出来ないレース運びで、形としては最悪の中での8着を考えると悪くない競馬であった。
また、昨年の同レースで3着に好走しているように、広い東京コースは格好の舞台で距離も問題なくこなせる範囲内であるので相手候補の1頭として取り上げたい。

2.カフジテイク
斤量:57キロ

前走の根岸Sはど迫力の差し切りであった。
ただ、追い込み一辺倒の脚質と実力面を考慮するとG1ではワンパンチ足りない印象で、津村騎手に戻る点もイマイチ評価できない要素である。
2.3着の馬券に絡む可能性はあるだろうが、前走のレースで過剰人気するようであれば軽視したい存在である。

3.サウンドトゥルー
斤量:57キロ

前走の川崎記念は逃げ馬を捉えられない2着で、メンバーレベルが低かったことを考えると残念な結果であった。
また、芝スタートを避けてきた経緯のある馬で、久しぶりの東京コースでの競馬に一抹の不安がある面もある。
チャンピオンズCを勝利した実力を認めつつも、今回はやや評価を落としたい1頭と言えるだろう。

4.デニムアンドルビー
斤量:55キロ

前走の有馬記念は早目に動く形も伸び切れない9着で、やや厳しい結果に終わった。
また、初ダートがG1での挑戦は相当厳しい条件で、行き脚がつかないことを考えると非常に難しいレースが予想される。さすがにここは無印評価で良いのではないか。

5.ノンコノユメ
斤量:57キロ

前走の東京大賞典は普段の競馬よりも前目でのレースが響く敗戦で、直線は脚を全く使えなかった印象であった。
ただ、今回は得意の直線の長い東京コースにおけるレースで、勝ち切るにはワンパンチ足りない印象もカフジテイク同様に脅威的な末脚を繰り出す馬であるので、相手候補の1頭としては取り上げたい。

6.ベストウォーリア
斤量:57キロ

前走の根岸Sは斤量58キロと休み明けを考慮すると悪くない内容での2着で、本番に生きるレース内容であった。
また、昨年は4着の舞台であるが、休み明けだったことを考えると更なる躍進が期待でき、今年は要注意の存在になりうる。
したがって、安定感抜群の競馬がウリであることを考えると軸には最適な馬で、他馬との兼ね合いを見た上で最終的な判断を下したい。

7.モーニン
斤量:57キロ

前走のチャンピオンズCは外枠からの競馬も力を出し切ることが出来ず残念な7着であった。
また、武蔵野Sなどを見ても安定した力を出すには条件が必要となってくる馬で、昨年勝利したG1の舞台も軸としては買いにくい一面がある。
さらに、ムーア騎手騎乗で過剰人気が予想されることを考えると、休み明けを踏まえても相手候補の1頭までが妥当であろう。

今回は人気に支持されそうな馬を中心に7頭ピックアップしました。