どうもです、アベベネクストのなんちゃってタレントRですww

実はですね、うちの店名なんですけど
私がギャグのつもりで(ギャグという事は伏せて)提案してみたら、なんかアッサリ拾われてしまいまして早2年以上が経過しました(爆)
※良かったらアベベネクストで検索してみてくださいw

これ初耳だったでしょ?そりゃ誰にも言ってませんもんw
とゆう事で、私の明日のG2弥生賞の本命馬はダイワ ギ ャグニーですww
題はギャグにーなりましたww(実はこれが一番言いたかった)

まーくだらない話はさておき、本題の競馬の話なんですけどw
これからクラシックや春のG1へ向けて前哨戦(トライアルレース)が増えてきますよね。
そこで、前哨戦の扱いについて考えてみようと思います。お気楽にお付き合いください。

前哨戦のポイント
【前哨戦】と表現をしていますが、大前提として
立場によってそのレースの位置付けは大きく変わります。

①本番への賞金が足りている馬
②本番への賞金が足りていない馬(出走権がない馬)

と、まー何ともわかりやすい分け方になるわけですが
言うまでもなく、そのレースに向かうテンションが高いのは②番なわけです。

ただですね、出るレースは勝つつもりで臨むという公正競馬?の建前がある為、①の立場の陣営が表立って…

「え?今回?調教代わりのたたき台だよ。怪我なく回ってくれば良いんじゃない?馬券なんて買わない方が良いよw」

なんて言えないわけです。
まー上手く予定調和的に大人の事情をですね、空気を読んだ記者の言葉に書き換えられて…

「休み明けだけど、身体は動いているから恥ずかしいレースはしないはず」

とゆうような、後で何とでも言い訳できるフワッとしたコメントに変わる事が多いですw
でも本音は間違いなくアレですからw

…って事で、今日はwマークも大奮発してキモチイイです。
なんたって麻雀クラブwですからね…ではまた来週。

R(romy)

☆今週末の競馬予想コーナー☆

(恒例?ミスターB購入のハズレ馬券)
image

image

(ミスターBの明日の重賞予想)
G2弥生賞
◎4ダンビュライト
◎11カデナ
三連複軸2頭ながし
軸4&11
相手1&2&3&5&7&9&10&12
計8点